暑い夏場の帽子やヘルメット、しんどい頭の蒸れが改善!インナーキャップの装着が快適です!

スポーツ

はい、どーも!コスパニキです!

皆さんは帽子やヘルメットを、かぶることはありますか?

とても暑くてしんどいですよね。

特に夏場なんかは

  • 頭が蒸れる
  • 汗が目に入る

といったことで困ったりしていませんか?

そんな悩みを解決するアイテム、実はあります!

今回はインナーキャップについて、

語りたいと思います。

帽子やヘルメットの蒸れを快適に!

私の場合は野球やバイクに乗るうえで、

ヘルメットをかぶるのですが、

  • ヘルメットが汚くなる
  • 帽子の中が蒸れて気持ち悪い
  • 汗が目に入る

といった問題に悩まされていました。

しかし今回紹介するインナーキャップを着けることで、

これらの問題が改善されました。

とてもおススメできるので、

ぜひ買っていただきたいアイテムです!

ちなみにバイクはコスパ最強の移動手段です。

車よりもはるかに安く移動手段を確保できるので、

個人的には非常におススメできます。

また、おススメするバイク用グローブも紹介しています。

おススメのインナーキャップ

ここではおススメのインナーキャップを紹介します。

Shinobu Riders インナーキャップ

まずは私が使っているインナーキャップです。

  • 抗菌消臭
  • 吸汗速乾

と、優れた機能を持っており

頭の蒸れやベタつきが改善されます。

こちらは2枚入りでしたので、

片方を洗濯していても着用できるので便利です。

頻繁に洗いたくなるものですので、

枚数があるに越したことはないですね。

最低2枚は欲しいところです。

こちらが実際のインナーキャップです。

メッシュ生地で風通しがよく、通気性が抜群です。

既に2年ほど使用していますが、

まだまだ全然使えますね。

このまま長くもってほしいものです。

ワークマン ICE ARMOUR(アイスアーマー)クールキャップ2枚組

また、私の愛するワークマンも、

インナーキャップを販売しています。

| ワークマン公式オンラインストア
ワークマン公式オンラインストアでの通販は全国のワークマン店舗で受け取れば送料無料!!お買上1万円以上も送料無料!話題のアウトドアウェアや人気の防寒ウェア、かっこいい作業着の店舗取り置きが可能です。ワークマン公式オンラインストア

接触冷感機能もあるので、

特に夏場は重宝するかと思います。

なにより2枚セットでお値段499円!

この圧倒的な安さ

流石ワークマン製品ですね!

私も今使っているものが破れてしまったら、

次はワークマンのインナーキャップを買うつもりです。

気になる点を挙げるとすれば、

フリーサイズなので、

極端に頭の小さい、大きい方にとっては、

装着するのが難しいかもしれません。

インナーキャップのメリット

インナーキャップを装着することで得られるメリットは、

たくさんありますよ!

汗が目に入らなくなる

インナーキャップが汗を吸ってくれるため、

汗が滴り落ちて、目に入ることがなくなりました。

特にスポーツやバイク運転の最中に、

目に汗が入ってしまうと非常に困るので、

これはかなりいい効果でした。

頭が蒸れにくくなる

夏場にヘルメットや帽子をかぶるというのは、

なかなかの地獄です。

頭が蒸れて汗はダラダラ、

とてもしんどいです。

そんな地獄の夏も、インナーキャップを着けることで、

ヘルメットのベタつきが減り、頭の蒸れが軽減されます。

夏場の野球やツーリングでは、

欠かせない必須アイテムです。

ヘルメットの汚れが軽減される。

バイクに乗る際には必ずヘルメットをかぶります。

頻繁に乗っていれば、当然ヘルメットが汚れてきます。

しかし、インナーキャップを着けることで、

直接ヘルメットにつく汗が減り、

結果的にヘルメットの汚れが軽減されます。

毎日洗うことが難しいヘルメットですので、

こういったアイテムを駆使して、

衛生面に気を遣いたいですね。

ハゲ対策?

科学的な根拠があるのかは未知数ですが、

帽子をするとハゲる

と言われたことはありませんか?

個人的には頭が蒸れることにより、

頭皮が劣悪な状況となり、

毛根にダメージを与え死んでしまうのでは?

と考えています。

効果があるのかは正直わからないところではありますが、

将来的なハゲ対策と信じて使っています笑

髪型の乱れも多少は改善される

ヘルメットをかぶると、髪型がどうしても乱れてしまいます。

私の場合は通勤でバイクに乗るので、

あまりボサボサの髪型で出社することはよろしくありません。

しかし、このインナーキャップを着けることで、

ある程度は髪型の乱れが改善されます。

特に長時間ヘルメットをかぶる場合は、

このインナーキャップがあるとよいでしょう。

インナーキャップのデメリット

こんなに優れたアイテムのインナーキャップですが、

いくつか気になる点もあったので、紹介します。

帽子が落ちやすくなる

ヘルメットに関しては問題ないのですが、

帽子の場合は取れやすくなるなと感じました。

走ったり、強くボールを投げたりすると、

帽子が簡単に取れてしまいます。

インナーキャップの素材的に摩擦力が下がるのか?

インナーキャップの上に着けるので、

帽子のサイズを少々大きくしているからなのか?

原因は何とも言えませんが、

私個人の印象としては、間違いなく取れやすくなりました。

髪が長いと収まらない

髪が長い人の場合は、

襟足や前髪がはみ出てしまいます。

そのため、すべてをキャップの中に収めることは、難しいでしょう。

また、髪のボリュームがある人の場合は、

キャップ内にかなりの量を押し込むことになるので、

髪型も乱れやすくなってしまいます。

普段着の帽子には合わない

スポーツやバイクの際には、気にならないのですが、

普段街に出かける際に着用するような

おしゃれ帽子のインナーとしては合いません。

はみ出てしまい、外から見えるとダサいので。。。

この点は残念ですね。

まとめ

今回はインナーキャップについて紹介しました。

帽子やヘルメットをかぶる人にとって、

頭の蒸れとそれに付随する問題は

どうしても避けては通れません。

今回紹介したインナーキャップを着けることで、

  • 頭の蒸れ
  • 汚れ

これらの悩みを改善することができます。

非常におススメできるアイテムなので、

ぜひ購入してみては、いかがでしょうか。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました